新生FF14推奨PCの魅力をネトゲ歴14年の廃人が語る

FF14パソコン購入で絶対に失敗したくない人は必ず読んでください。
また、パソコンが1日あたり110円で買えることもわかります。

今までネトゲ仲間174人のPC購入を手伝ってきました。
その経験をいかして書いています。

長いですが、きっと役に立ちますよ。

ネトゲ暦14年の管理人shunが
新生FF14推奨パソコンの魅力やカスタマイズの仕方について書きます。

新生FF14推奨PCとは

新生FF14推奨pcには、
ゲーム業界のグラボで最新の「GTX970」が搭載されています。

グラボというのは「グラフィックボード」の略で、
ゲームの画面表示にかかわるハードウェア、パーツです。

一般的なパソコンとゲーム用パソコンの違いは、
高性能なグラボを積んでいるか積んでないかです。

また、搭載しているグラボによってパソコンの価格がかわってきます。

「GTX970」は価格のわりにスペックが十分なので、
「すべてのゲーム」が超快適に遊べます。

価格がミドル並なのに、性能がハイエンド並なんですよ。
BF4、黒い砂漠なんかも最高画質で遊べますね。

新生FF14推奨PCの販売元について

この新生FF14推奨PCを販売してるのは
ドスパラという、パソコン通販ショップです。

ドスパラは、パソコン通販でTOPクラスの販売実績をもっています。

古くからある、パソコンショップで
初心者から上級者まで、はば広い層に買われていますね。

それと、注文してから自宅に届くまでがめちゃくちゃ早いんですよ。
パソコン通販で一番早いです。自分が最近、買ったパソコンだと、
2日で届けてくれました。

ちなみに、自分はドスパラで、ゲームパソコン2台と、ウルトラブック1台の計3台を買ってます。

なぜ家電屋でなくネット通販ショップでゲームパソコンを買うのか

ゲームパソコンは、ヤマダ電気やケーズ電気などの、
大型家電量販店で買ってはいけないのです。

理由は、一般人向けに売っていて、ゲームが動くようなパソコンが置いてないです。
家電屋のパソコンは「グラボ」が搭載されていない、またはグラボがしょぼいんです。

無駄なソフトがついてるだけだし、
店員の口車にのせられ一体型を買わされたりと、
家電屋でパソコンを買うメリットは少ないですね。

間違っても一体型だけは買わないでください。
ノート用のパーツが使われており、
性能がめちゃくちゃ低いのに高いだけです。

新生FF14推奨PCを買うなら、パソコン専門ショップで買うしかありません。

でも、パソコン専門ショップって、東京の秋葉原、
名古屋の大須などの電気街にしか、お店がないんですよね。

しかし、パソコン専門ショップは通販もやっているので、通販で買えます。
便利な時代になりましたよね。パソコンまで通販で買えるとは。

通販で買えば、自宅まで届けてくれるし、
店員の口車にのせられることもありませんしね。

そこで、さきほど紹介したドスパラの通販で買おうということです。

新生FF14推奨パソコン紹介

このパソコンが、ドスパラで売ってるパソコン。
当サイトが推奨している新生FF14向けの
おすすめグラボ「GTX970搭載」のガレリアXFです。

スペックは以下のとおり。

 ★ CPU : インテル Core i7-4790
 ★ グラボ : NVIDIA GeForce GTX970
 ★ メモリ : 8GB
 ★ HDD : 2TB

CPUは最新のcore i7。グラボは最新の「GTX970」を
積んだゲームパソコン。

このスペックなら新生FF14以外にも、
MHF、WOTも快適に動きますね。
BF4もBFHも最高画質で超快適に遊べますね。

予算に余裕があったらカスタマイズ

ここからは予算があり、カスタマイズの余裕がある人向けに書いてます。

カスタマイズをしないで、そのまま買うのもいいですが、
予算にあるならカスタマイズすることで自分好みのパソコンが手に入ります。

メモリとHDDについて

たいがいメモリは8GBで足ります。

同時にさまざまなソフトやアプリを起動する場合や、
画像編集する場合は16GBあるほうがいいですね。

HDDについては、動画の録画や保存が好きな人は2TB↑。

他に、オススメするカスタマイズは、
「SSD」「電源」の2つです。

優先順位は、「電源」>>「SSD」ですね。

電源を変えると何が変わるのか?

なぜ電源を変えるのか?
それは、パソコンの寿命が伸びるからです。
5年、6年と長くパソコンを使いたい方は変えたほうがいいですね。

とくに、1日に4時間も5時間もゲームをすると、
電源はかなり消耗します。

長時間プレイする、ガチ勢は電源を変えて、
パソコンの寿命を延ばしましょう。

3~4年でパソコンを新しく買う人はそのままでいいと思います。

また、あまりゲームをやらないなら
電源の消耗も少ないのでそのままでいいかと。

カスタマイズページを↓にスクロールしていくと電源の項目があります。
ケースより↓の項目です。

電源

おすすめなのは、Seosonic SS-750KM3という電源。

少し専門的な話になりますが、
1次、2次の両方に105℃まで耐えられるコンデンサが使われていて
とても寿命が長い電源です。

Seosonic以外だと、他にsilverstoneという電源がおすすめですね。

SSDを変えると何が変わるのか?

SSDとは、HDDと同じ、データの記憶するパーツです。

SSDを選択すると、ドスパラがSSDにOSをインストールしてくれます。

HDDと比べて、パソコンの起動時間を早くしたり、
ゲームの開始時間、MAP時間の読み込み速度をあげてくれます。
ゲームにもよりますが、およそ、1.5倍~3倍はやくなります。

スタートダッシュで差がつきますね。

SSD

SSDはいろんなメーカーがありますが、
どれもそこまで差がありません。

キャンペーンで256GBが1万円でとりつけられるので、それがいいかと。

数年前は256GBとか6万円した記憶がありますが、
今は安くなったもんですね。

ゲーム用モニタといったらBenQ

モニタ

本体選びはこれでいいとして、モニタ選びで迷うと思うので
ゲーム用のおすすめモニタを紹介します。

やはりゲーム目的のモニタを選ぶとなると「BenQ」のモニタです。
ノングレアで目にも優しい。

BenQ RL2455HMは60hz
BenQ XL2411Z(DP) は144hzです。

144というのはパラパラ漫画で例えるなら
1秒間に144枚パラパラしてる感じです。

すごいなめらかなんですよね。
FPSやってるなら144hzでFPSやらないなら60hzで。

保証」と「セーフティサービス」について

保証について

保障というのは、パソコンが自然故障した場合に
BTOメーカーが対応してくれるものです。

物損が水漏れ、作業中のミスなどです。
自然故障は使っている最中に、自然とパソコンのパーツが壊れることです。

自然故障がおきるときは、はだいたい購入から1ヶ月以内におきます。
1ヶ月無事だったら、残り1年は自然故障する確率が少ないです。

1年たっても自然故障しなかったら5年たってもほぼしません。

何が言いたいかというと、もし自然故障するとしたら
買ってから、すぐです。

だから1年保証で十分だと、私は考えるわけですよ。

ドスパラ特有のセーフティサービスについて

ドスパラには不安を解消してくれるセーフティサービスがあるんですよね。
私も一番安いプランに入っています。

セーフティサービスは物損事故にも対応してます。

物損事故とは、「パソコンを水で濡らしてしまった」
「掃除中に壊してしまった」、「運送中に落としてしまった」
などといった「物理的な事故」です。

その他にも、リモートサポートってのがあります。
リモートサポートとは、同じ画面を共有して
サポートしてもらえるものです。

同じ画面を見てるわけですから、
口頭で話さなくても相手に伝わります。

わからないことや難しいことは、
リモートサポートで解決しましょう。

パソコンを4年使うとすれば、1日あたり約109.5円で買える

新生FF14推奨パソコンをカスタマイズなしで送料と税込で16万円(税込)。
一般的なPCの寿命の4年で考えると日数は1461日。

価格を日数で割ると、

16万円/1461日=1日あたり約109.5円で買える計算に。

管理人がおすすめする、約3万円のカスタマイズをしても、
1日27.4円増えて、1日あたり136.9円で買える計算になります。

1ヶ月あたりの価格が、カスタマイズ無しが約3,300円。
カスタマイズ有りが約4,200円。

タバコ1箱の4分の1で買えます。
1日あたりで考えると、パソコンって安いですよね。

それと、分割払いもできるので、
学生さんなんかでも買いやすくていいですね。

ちなみに、ドスパラは12回払いまでなら、「金利0で分割払い」できます。
金利0なのもドスパラだけみたいですね。

管理人もドスパラのゲームパソコンで遊んでいます

管理人もドスパラで買った、ゲームパソコンでさまざまなゲームを楽しんでいます!
例えばBF4ではこんな成績をとっています。

実績png

左上の1位のshun3ってのが、私なんですが、110キル23デス。

自慢になってしまいましたが、
ドスパラでゲームパソコンを買ってからは、
毎日、楽しくゲームができてストレス発散になってます。

ドスパラで、新生FF14向けゲームパソコンを買って、
一緒にゲームを楽しみましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ